■工藤x良太 BL小説です


書 名 内   容 既 刊
■23 花びらながれ 「夢のつづき」「逢いたい」などのあとです。 ●多忙過ぎる毎日を送っている工藤と良太だが、ここのところあちらこちらから相談事やら厄介ごとばかりが舞い込む。そんな時とある事件でカメラマンの有吉が警察に捕まった。対応に追われる良太のところへ、その有吉のことでなぜか市川美由が相談に現れて……(R18) 花びらながれ 新刊です
新刊です
■19 限りなく傲慢なキス 年が明けて、ちょっとゆっくりできたかと思ったのもつかの間、良太の仕事はてんこ盛り。 工藤は山ノ辺芽久のことがあるものだから、ドラマの仕事を良太に押し付けてとっとと海外へ。 そして忙しいだけではなかった。「雪のDECADENCE」の直後、登場する佐々木らは「恋ってウソだろ?!」などのあとになります。(R18) 限りなく傲慢なキス
■22 夢のつづき 不況のおり、工藤は窮地に陥った業者のためとも考え、以前にもまして仕事づけになっている。良太は心配するが・・・(R18) 夢のつづき
■21 月の光が静かにそそぐ 秋山から面白い写真が写真週刊誌に載ってると言われた工藤が週刊誌を覗き込むと、撮られていたのは良太と女子アナのツーショットで・・(R18) 月の光が静かにそそぐ
20.5 逢いたい 山之辺芽久のお蔭で良太に痛くもない腹を探られ、またマスコミに騒がれてスケジュールを邪魔されたくはない工藤は、山之辺のドラマ撮影を良太に丸投げして、自分は飛び回っていたが、打ち合わせに呼ばれてやむを得ず札幌へ。そこへ、ちょうどロケで小樽にいるはずの良太から電話が入る。 「いつかそんな夜が明けても」の直後、「月の光が静かにそそぐ」の前になります。(R18)  
■20 いつかそんな夜が明けても 会社に着いて車から降りた途端、工藤は潜んでいた男に切りつけられる。良太は工藤を護れなかったことが悔しくて工藤に問いただすが・・・(R18) いつかそんな夜が明けても
■19 雪のDecadence 過去の厄介な女がやってきてまた工藤と良太の間に亀裂が入る。働きづめの工藤に休みを取ってもらおうと秋山が小林千雪と一計を案じ・・・(R18) 雪のDecadence
■18.5 勝手にしやがれ! 近々渡欧する工藤と年内に会えないこともつまらない良太だが、特に今心配なのは、たったさっきとんでもないことを言い出したあいつのことだ。「ほんの少し届かない」、「恋ってウソだろ?!」のあと、「雪のDECADENCE」の前の良太のショートストーリーです。(R18)  
■18 ほんの少し届かない 忙しいばかりの年末、結構一直線で突っ走ってきた良太だが、最近、工藤にとって自分は何?とか考えちゃって・・・。(R18) 雪のDecadence
■17 ぶなの森 白神山地でのロケで主役の田辺菜摘に懐かれ、良太は嬉しい気もしながら困っていた。そこへ千雪や工藤が現れて事態は混戦模様に・・・。(R18) ぶなの森
■16 Isla De Pinos 最近まじめに俳優をしている小笠原は、生一本な良太を気に入っているのだが、工藤とのことを知ってしまい、良太に絡む。(R18) Isla De Pinos
お前にだけ狂想曲 3
お前にだけ狂想曲 3
◆10 夏休み ◆11 ひとことでいいから ◆12 春の夜の ◆13 夢ばかりなる ◆14 花の宴 ◆14.2 上弦の月 ◆15 Blue Moon
夏休みもいつ取れるかわからない状況で、良太は現役絶好調のスラッガーになった子供の頃からのライバル沢村と再会する。(R18)
お前にだけ狂想曲 3
■工藤×良太 総集編2
お前にだけ狂想曲 2
◆5 Moon Light ◆6 Winter Time ◆7 清風 ◆8 Dangerous Night ◆9 静かな夜には ◆9.2 Stand by・・
工藤の留守に、良太はドラマにも出演することを承諾してしまうが、帰ってきた工藤は怒り、良太との間に亀裂が! またしても会社への中傷記事が雑誌に載るが、やがてある人物への疑惑が浮上するが、工藤は良太の話を信用しようとしない。(R18)
お前にだけ狂想曲 2
■工藤×良太 総集編1
お前にだけ狂想曲 1
◆1 お前の夢で眠ろうか ◆2 やさしい春 ◆3 お前にだけ狂想曲 ◆4 vacances ◆4.2 cat&dog ◆4.3 BUON VIAGGIO! このオヤジはよ~
知人の保証人になったために借財を背負った親のために、良太は割のいい就職先に選んだのは青山プロダクション。しかし面接で現れた社長はどうみても一般人ではなく、案の定、ヤのつく組の組長の甥だと言われ……工藤と良太の出会い篇です。(R18)
お前にだけ狂想曲 1
★Illustrated by Aлёша