京助×千雪 のご紹介

氷花

wh00029
■花のふる日は
こんな感じです
5ページまで

A5版 128ページ


傲岸不遜な法医学研究室助教の京助と美貌の推理作家千雪のエピソードです。
修正し、冊子としてご紹介しています。
●写真週刊誌に載ったスーパーモデルと京助の記事を見た千雪は、京助との関係を解消することを決意し、京助に告げる。京助は聞く耳をもたない千雪に時間を置いて話すつもりではあったが、そんな矢先千雪に近づいてきたのは、業界では冷酷非情な男と噂のある工藤高広だった。工藤×良太とリンクしますが、良太が入社する前になります。(R18)


¥1,000
詳細へ



氷花 京助×千雪 whd0003
■氷花-ダウンロード版
3.1M 89ページ ダウンロード版

傲岸不遜な法医学研究室助教の京助と美貌の推理作家千雪のエピソード3篇です。
試し読みへ
●氷花(season2)
多忙でクリスマスもつぶれた二人は、年末、北海道にある京助の家の別荘に向かう。京助には熱く告られたものの、千雪の中ではまだ京助を全面的に信じることができないでいる。
●ペパミントの夜(season2)
佐久間は彼女と二人で入ったバーで、綾小路京助が超美人と一緒にいるのを垣間見て…
●かぜをいたみ(season3)
工藤の依頼で、亡き母で日本画家の原夏緒の作品を紹介する番組に出演することになり、千雪は美術館に出向く……。
※ネットに載せているものに手を加え、改訂の際、ショートストーリーを一つ入れました。
(R18)



●epub形式です。ダウンロードでご購入いただけます。
 お読みいただくためには、readerが必要になります。 下記をご参考にあらかじめご用意ください。
※パソコン:Adobe Digital Editions  
 android:himawari readerなど  
 iphone、ipad:iBooksなど

¥400
詳細へ
試し読みへ




氷花

wh00021
■氷花
こんな感じです
5ページまで

A5版 82ページ


傲岸不遜な法医学研究室助教の京助と美貌の推理作家千雪のエピソード3篇です。
●氷花(season2)
多忙でクリスマスもつぶれた二人は、年末、北海道にある京助の家の別荘に向かう。京助には熱く告られたものの、千雪の中ではまだ京助を全面的に信じることができないでいる。
●ペパミントの夜(season2)
佐久間は彼女と二人で入ったバーで、綾小路京助が超美人と一緒にいるのを垣間見て…
●かぜをいたみ(season3)
工藤の依頼で、亡き母で日本画家の原夏緒の作品を紹介する番組に出演することになり、千雪は美術館に出向く……。
※ネットに載せているものに手を加え、改訂の際、ショートストーリーを一つ入れました。
(R18)

¥700
詳細へ